写真についていろいろと


by kinzoo77
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年は

紅葉を撮りに行けなさそうなので近所で

DSC_0440
[PR]
by kinzoo77 | 2008-11-24 21:58 | 季節

技術を超えたもの

シュヘラザード オリエンタルダンスガラショーを観てきた。
出演者全員素晴らしかったが、シュヘラザードのオーナーでもある
MAHAさんには圧倒された。
特に後半の演目のMalaquena Moodsには圧倒された。
観ていて頭に思い浮かんだ言葉は、「女帝」。
圧倒的な存在感と緩急つけた踊りで観るものをぐいぐいと引き込む。
魔力を持った踊りだ。
技術的に突出していて感心させるのではなく、場の空気を支配してしまう。

写真でも常々思っていることだが、頼まれ仕事ではなく自己表現で考えた場合、
技術や機材は関係ない。
手ぶれや被写体ぶれしていても表現として成り立つし、写るんですでも芸術的な
写真は撮れる。
自分が表現したいものに対して適切な撮り方、機材を選択するに過ぎないのだ。

ベリーダンスと写真という一見すると違うものでも同じことが言える。
自己表現という意味では自分の体を使って表現するか、写真という形をとるか
という表現方法の違いに過ぎない。

圧倒的な表現力の前には技術は霞んでしまうということを改めて考えさせられた
日だった。

今日の出演者のひとりでJasmine☆の師匠のCarenさんに、先日の黒羽祭りでの
一枚の写真が今年のベストショットで、年賀状にぜひ名前入りで使わせてほしいと
言われた。
とても光栄です。
名が売れてくれるとさらにうれしいな。

Img14
[PR]
by kinzoo77 | 2008-11-23 23:57 | 芸術

東方戦線異状あり

愛しのJasmine☆の晴れ舞台を撮るためD700を実戦投入した。

会場の広さを確認できなかったため、35mm、45mm、50mm、105mm
と持っていったが結局50mmを使うことにした。
思った以上に照明が暗く、感度はAUTOだったためSSは問題なかったものの
ピントがわかりにくい。
F2だとピントが確認できるのだけど、暗い場合はやはりAFよりも
MFのほうがいいのだろうか。

どう撮ろうかいろいろ妄想していたのに結果は惨敗。
ピント合わせに失敗した写真を量産してしまった。

今回は14bitRawで撮り、Apatureで現像した。
ホワイトバランス、高感度ノイズについては良好で満足がいくものだった。


DSC_0221.jpg
[PR]
by kinzoo77 | 2008-11-15 16:36 | 写真

FXフォーマット

ついにD700を買ってしまった。
D3が出たころから秘かにあこがれてたけど
なかなか手がでなかった。
ネガの現像代、プリント代も値上がりした昨今、
銀塩オンリーでいくのはきびしいものがある。
しかも高感度に弱いのでライブ撮影はきつい。
D300はDXフォーマットなので気にはならなかったけど
FXフォーマットはフィルムと同じ感覚で撮れるから欲しかった。
ヨドバシの土日特価とニコンのキャッシュバックが決め手になった。
フィルムが好きだし、F2も好きなのでデジタルに再移行するわけじゃないけど
フィルムの出番は減るかな。

試し撮りの結果はなかなかよかった。
操作感はD200とあまり変わってないしボディもほぼ同じなので。
ただプレビューボタンの位置が変わってるからどうしても間違えてしまう。
ファインダーを覗いていると懐かしさと新しさが同居してて不思議な感じ。
ただ不満点が1つ。
視野率95%はきびしい。
ネガだとプリントするとトリミングされててあれって思うけど逆パターン。
カットしたはずのものが写ってるのは困る。

今度のJasmine☆のソロライブの撮影が楽しみだ♪
b0126734_22212379.jpg

[PR]
by kinzoo77 | 2008-11-09 22:22 | カメラ