写真についていろいろと


by kinzoo77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カン

コンデジとデジタル一眼と銀塩コンパクト、銀塩一眼、銀塩レンジファインダーと
使っている。

みな写真を撮る道具ではあるけどそれぞれ違う。

撮った絵ももちろん違うけど、操作感や撮る時の気持ちも違う。

銀塩でもポジとネガで違う。

撮る対象でももちろん違う。

ひさしぶりにポジを一眼で撮ったら、カンを取り戻せず1本ほとんど失敗してた。

カンを鈍らせないためには撮り続けること。万遍なく。

でもそれが難しい。

今日は八重桜を撮った。

ここのところ105mmのマクロにあらためてはまっている。

モノの本で、ジェントルな優しい絵を出すとか映画の一コマを見てるようだと

書かれていたけど、ほんとそんな感じ。

ぼやっとした視界が図太いフォーカスリングをまわすとふわりと対象が浮かび上がってくる。

それがたまらない。

ポジもそう。

撮る時に見えていた光景がそのままフィルムに焼き付けられて、

ライトボックスの上に載せるとクッキリと浮かび上がってくる。

スキャンしてデジタル化したものはまがいもの。

本物はフィルムの中にある。
[PR]
# by kinzoo77 | 2009-04-19 23:37 | 撮影

最近デジタルが多くて、ひさびさにフィルムで撮ってみた。
デジタルも使うけど、やっぱりフィルムじゃないとだめなものがある。

日本的な風景などはベルビアがいい。
しっとりと落ち着いた色合いで、ほのかに湿り気が感じられるから。
特に桜(ソメイヨシノ)はベルビア。


逆に花の色を出したい場合はKodak E100VSがいい。
カラッとした明るさで乾いた感じ。

海外でベルビアを使うとどうなるんだろう。
例えばアラブやアフリカの砂漠で。
例えばフランスの街並で。
例えばカリフォルニアの青空の下で。

デジタルの時代だけど、まだまだ撮り続けて行きたい。

Img3
[PR]
# by kinzoo77 | 2009-04-19 23:14 | 季節

感覚派

とある美術館に『大ナポレオン展』という展示を見に行き、美術館に併設されたカフェに
入った時、壁面に絵画がかかっていた。
抽象画だったが、一目見てとても気に入ってしまった。
何を表現したものかもわからないし、画家の名前もわからないけど
ずっと見ていて飽きない。
部屋に飾ったら四六時中見ていて飽きないんだろうなと思った。

写真を撮る時も明確な意図がなく感覚的に気に入ったものを撮るということが多い。
特に伝えたい、表現したいという意思はなくてもその時に感じたなにかを形にする。
そんな写真が多い。
[PR]
# by kinzoo77 | 2009-01-18 14:46 | 芸術

求めしもの

12月13日に行われた『第3回 ハッピー舞踏フェスティバル IN 勝田』で撮影してきた。
くろばね祭でやはりライブ撮影でフィルムを使うことの限界を感じ今回はデジタルで。
高感度に強く、銀塩と同じ画角で撮影できるD700とD700の持つポテンシャルを限界まで
引き出すためにAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDを投入。
撮影中も70mmはやや不足が感じられることもあったがサブを使うことなく撮り終えた。
持ち歩く時は重く感じるものの構えるとぴったりと手になじみ、AFの精度にも安心感を感じた。

今写真を整理中だがいつもよりも歩留まりがいいように感じる。
そして吐き出された画といったら・・・
CFの容量に不安があったためJPEGのみで撮ったが、まさにデジタルらしい
くっきりとシャープな画!
まさに欲しかった画がここにあった。

後は写す側の問題。
見直してみるとやっぱりもういちど撮り直したい。
精進しなければ。
[PR]
# by kinzoo77 | 2008-12-14 21:59 | 撮影

Yellow Magic☆

DSC_0523

ニオイさえなければ・・・
[PR]
# by kinzoo77 | 2008-12-04 22:22 | 季節